パート看護師の働き方のメリットとデメリット

独身時代は日勤、夜勤をこなし働いても、結婚、出産をすると、
仕事と家事や育児を両立させる事は難しくなります。

 

常勤の看護師として働くのが無理だから、パート勤務を選ぶ、という方が増えています。

 

パート勤務のメリットは自分の希望にあわせたシフトが組めるという事です。
それにより、家事、育児や介護を抱えていても、プライベートを優先した生活が出来るはずです。
また、残業も多くありません。
病棟勤務で常勤だと残業が多くなりますが、
パートやアルバイト勤務の場合は、残業をしても時間は多くありません。

 

ただし、やはりメリットばかりではありません。

 

看護師としてクリニック勤務の場合は、就業規則がはっきりとしていないところもあります。
また、大きい病院で就業規則が決まっていても、
常勤に比べて福利、厚生の恩恵をあまり受けられません。
産休、育休、ボーナス、有給休暇、退職金などが無い場合もあります。

 

非常勤の場合は、勤務開始時に、勤務条件をしっかりと把握しておく事が大切です。

 

さらに、結婚して夫が戸主の場合は、
例えばローンをくんでも夫の社会的地位がありますから問題ありませんが、
シングルマザーの場合は、常勤だと、社会的地位がありますが、非常勤の場合は、
家を借りるときに保証人を求められるなど、社会的地位が低くなる場合もあります。

 

非常勤勤務を選ぶ場合は、以上のような事を考慮したうえで、
クリニックや病院以外にも介護施設や検診センター勤務のような仕事を選ぶという方法もあります。

 

非常勤看護師としての働きかたは、自分の生活にあった職場を選ぶのが賢い方法です。